ケノンのデメリット

家庭用脱毛器で人気のいる「ケノン」は、有難いとこだらけに思えますが、2つだけデメリットがあります。
嬉しいものには欠点もつきものです。
購入後に後悔しないためにも、先にデメリットを知っておくといいですよね。

1、本体価格が他のメーカーのものに対して良い
2万円台、4万円台で買える脱毛器もある中で、ケノンは約7万円とまさか高額です。
これはけっして簡単に買える値段ではないですよね。
でも、ケノンはコストパフォーマンスが随分いいんです。
カートリッジの照射数は最大で1,000,000発。
最高出力のレベル10でも、誠に30万発も使用することができます。

両ひじ下を6回脱毛した場合で300発、両ひざ下を6回使用した場合で1800発ほどなので、1つのカートリッジでサロンに通うことなく全身が脱毛できます。

安くても照射数が少なかったり、使い捨てだったりすると、カートリッジの買い付け足しや本体の買い替えで、結局は激しくついてしまう。
脱毛器は長く使うものなので、目先の価格ではなく、コストパフォーマンスまで図る必要があります。
ケノンは長い目で見ればあまりおっきい買い物ではありません。
家族で使用するなら、本体は割り勘で購入するのもおすすめです。

2、IOラインのケアができない
ケノンは、Vライン(ショーツを履いたところはみ出る部分)の脱毛をすることはできますが、Iライン(陰部の両側)とOライン(肛門周辺)への使用はメーカーが推奨していません。

VIOラインをエステシャンにみられるのは抵抗があるから、自宅で処理しよという方はおおいですから、こういう部位を対応していないは心から残念です。

ただ、対応している機種であっても、自分では見えずらく、粘膜も間近いIラインやOラインの自己処理は実際全然難しいです。
自己判断で使用している方も中にはいるでしょうが、この部分だけはエステやクリニックでプロにお任せするのも良いかもしれません。

このように、ケノンにはデメリットもあります。

本体価格は高めですが、長い目で見れば非常にコストパフォーマンスの良い脱毛器と言えます。

脱毛器での処理は根気がいります。
でも、だんだんと自己処理がいらなくなっていく自分の肌を確かめるのは女性として嬉しいですよね。
処理を検討中の方にぜひ、おススメです。塗らずに刺したらどうなった?ヒアロディープパッチの効果を口コミ