暑中見舞いの贈り物と挨拶状

夏になると、お中元・暑中見舞い・残暑見舞いとありますが、みなさんは暑中見舞いに贈り物を受けるのでしょうか?
初めて、お中元は7月の初旬から中旬にかけて、旧暦のお盆の行事として行われていらっしゃる。暑中見舞いはというと、大暑から立秋までの期間、そして残暑見舞いは立秋以降に差しあげるのが習わしになっています。
これら3つの違いは、専ら差しあげる時期が違うだけとも当てはまるので、暑中見舞いとして贈り物をすることはてんで問題ありません。
ただし、お中元・暑中見舞い・残暑見舞いと同じ相手に3回も贈り物をする必要はなく、夏季の挨拶として1度は贈り物をし、あとは挨拶状を書くのがマナーとして良いでしょう。

暑中見舞いの贈り物としては、暑い時期ということもあるので、季節感のある食べ物、例えば涼しそうなゼリーや素麺、清涼飲料、ビールなどが喜ばれるかもしれません。また日常扱う食用油や洗剤のギフトも人気のようです。
贈り物を用意したら、水引は紅白の蝶結びでのしをかけます。表書きを「暑中御見舞」とし、名前を入れます。

暑中見舞いの挨拶状の場合書き方は断然決まった形式はなく、季節の挨拶です「暑中お見舞い申し上げます」などの決まり文句のあとに、先方の安否をたずねる言葉、自身の近況を報ずる言葉、先方の無事を祈る言葉と続き、最後に日付を書くのが著名となっています。

暑中見舞いは、年賀状に比べると自由な表現が許されていて、冒頭の「暑中お見舞い申し上げます」など、暑さを見舞う趣旨を守れば、様々なお知らせを兼ねることもできます。例えば引っ越し、結婚、出産、子供の成長など、一度に皆に報告しよ書状に扱うことが出来ます。

また、年賀状と同じように、賞品が触れる夏限定のくじ付きはがき「かもめ〜る」が日本郵便から発売されていて、暑中見舞い・残暑見舞いどちらにも使うことができます。
「かもめ〜る」は、無地のものと、夏らしきイラストの絵入りがあって、絵入りには地方版もあるので、遠方の方に贈る場合に喜ばれていらっしゃる。
インクジェット紙も販売されているので、年賀状と同じ様に自分で印刷することもできます。
「かもめ〜る」は現金やふるさと小包が触るくじ付きとなっているので、賞品が当てはまる楽しみも贈ることができます。引用