海外インターンシップのデメリット

アメリカなどの海外に行って、現地の企業で正に動けるインターンシップは、高度な英語力が身につき、就職に陥る可能性も生じるなど、たくさんのメリットがあります。しかし、正に、海外インターンシップに参加した人にとって、デメリットと感じたこともあるようです。それでは、デメリットの意見をまとめて紹介します。

・ある程度の時間が必要

アメリカなどで海外インターンシップに参加するには、最低でも1ヶ月以上の期間を確保して、その期間仕事に専念できないと、インターンシップ先では受け入れを拒否されてしまう。海外でのインターンシップは、成長に罹るメリットが多いですが、その成果を得るためにはある程度の時間が必要なので、もしもインターンシップ先が自分に合っていなかったら、その期間は無駄な時間を費やすことになります。

・体調を壊したり精神的にづらくなったりすることも

「海外インターンシップに参加すれば、誰でも理想の自分に成長行える」と思っている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いだ。海外インターンシップに参加するには、意外と、自分がどんな仕事を経験して、その後、その経験をどうして使いこなしたいか、という目標を敢然として、それに当てはまるインターンシップ先を見つけることが大切です。

エージェントに全て任せてインターンシップ先を決めると、希望とする職種ではなかったり環境が悪かったりして、苦痛の日々になってしまいます。また、どの海外インターンシップも、想像としているよりもつらい環境ですかもしれないと、覚悟しておくことも必要でしょう。日本での生活は全く違う異国の地で生活するだけでも一大のに、英語漬けの環境に置かれ、初めての仕事を責任にもって関わるという状況は、かなりのストレスとなるでしょう。疲れやストレスで体調を崩すこともあるかもしれませんし、ホームシックにかかって仕舞う人もいるでしょう。ただ、海外インターンシップに参加する場合は、これまでに経験したことがない目新しい環境で挑戦することを楽しもう、という前向きな考え方も必要なのかもしれません。

・基礎的な英語を学ぶお忙しい

海外インターンシップでは、仕事を経験することがメインなので、英語の勉強だけのために取り扱う時間はありません。インターンシップでは、留学で勉強する以上に英語漬けになりますが、文法から丁寧に教えて取れることは僅かので、基礎的な英語を敢然と学びたい場合は、留学を選んだ方が良いでしょう。留学の方が、自分が自由に助かる時間が多いので、英語の勉強に没頭することができます。

ただ、インターンシップでは、ネイティブが扱う言い回しや実践で取り扱う表現などに触れられるので、留学では得られない高い英語力が身に付く可能性も高いのです。自分がどういう環境で学びたいか十分に考えて、留学するかインターンシップに参加するか、自分にピッタリの方を選びましょう。http://www.autismenetwerkwestbrabant.nl/