SLDCP50

アイリスオーヤマの「IC-SLDCP50」を紹介します。
軽量と言えば、アイリスオーヤマのコードレスバキュームクリーナー。
他メーカーのコードレスバキュームクリーナーと比較してもダントツの軽さだ。
本体の重さがたったの1.4kgしかありません。
ヘッド、パイプを含めてこういう重さは素晴らしいだ。
超細軽量スティックによるコードレスバキュームクリーナーだ。
ネームバリューも18VのDCモーターを通じていて、DCブラシレスモーターと独自開発のファンによって従来品と比較すると3倍というネームバリューアップを実現しました。
他メーカーの軽量タイプのコードレスバキュームクリーナーと比較しても劣ることはないと思います。

ヘッドはサイクロンパワーヘッドで自走式だ。
取り回し易く使い勝手がいいです。
ヘッドに縦回転の気流を作り出し細かなゴミまで吸い取れるように工夫しています。
サイクロン気流を搭載したヘッドはアイリスオーヤマがついにだ。

スティックを外したらハンディークリーナーとしても使うことができます。
静電モップがついているので、ホコリを取り去りながら掃除ができる画期的なバキュームクリーナーだ。
本体のパイプ部分に収納できてモップについたホコリはあとから充電スタンドで吸い取れます。

運転時間は標準モードで約20分と他のコードレスバキュームクリーナーと比較すると短めだ。
ターボモードでは約8分、自動モードで約半だ。
バッテリーの充電時間は約3時間だ。
またアイリスオーヤマのバキュームクリーナーで注意しなければいけないのは、他メーカーよりもバッテリーの充電回数が少ない点を理解しておかなければいけません。
例えばシャープでは1200回充電できるのに対して、アイリスオーヤマでは約500回しかできません。
購入時、充電回数までチェックする人は短いようですが、長く使い続けるためにもこの点も配慮しなければいけません。
バッテリーは別売りで6,000円ほどで購入できます。
ゴミは紙パック式なので、使い捨てダストパックを購入する必要があります。

小型で軽量、自走式、手頃な価格という点から他と比較しても並び立てるバキュームクリーナーだとは思います。
しかしデザイン性、バッテリーの品質など改善する点もあると思います。

以上のように様々な点を比較して、それぞれのコードレスバキュームクリーナーの特徴を理解した上で選ぶようにください。【大損注意】ササラ(SASALA)の予約!脱毛の料金を最安にする方法!

緑内障の予防に有効な食べ物

緑内障は自覚症状がないままに進行してしまい、気づいた時折もはや失明寸前ということもあり買い取る酷い病気だ。大切なのは、定期的に眼科の検診を受け、そして、食事や務めを見直し予防を心がけることです。

緑内障になると視野の一部に見えない部分ができたり、視野が欠けて小さく陥るなどの症状が起こります。じりじり見えない部分が大きくなり、放置すると失明してしまう可能性もあります。
先天的なものを除けば、緑内障は日本でやはり多い失明の原因となっている。

昔からあわびやサザエは目に良いと言われてきました。ミネラルが多くあるという点で、東洋医学的に肝臓を強くして目に可愛い効果があるとされています。
ミネラルの中でカリウムに注目してみると、毎日の目安量は成人男性で2500mg以上、成人女性で2000mg以上とされていますが、あわびの場合は1つあたり300mg、サザエの場合1つあたり45mg程度含まれている計算になり、あわびやサザエを食べるだけではミネラルは十分とは言えません。あわびやサザエでミネラルを摂取しつつも、不足する分はサプリメントで補うという形が理想的なようです。

また、緑内障の予防食としてカシスがおすすめです。カシスにはアントシアニンというポリフェノールが含まれていて、網膜や視神経、毛様体の血流を促す働きがあると考えられています。目に嬉しい食べ物で有名なブルーベリーも、アントシアニンを豊富に含んでいますが、その仲間のカシスは、まことにブルーベリーの3倍以上のアントシアニンを含んでいる。

もっと、ルテインとビタミンが豊富な緑黄色野菜のほうれん草やかぼちゃもおすすめです。
ルテインについてですが、毎日の摂取推奨量は6mgだとされています。ほうれん草とかぼちゃのどちらにもルテインは含まれているのですが、ほうれん草だとサラダボウル5杯分とアメリカでは言われていて、ルテインが多くあるかぼちゃやほうれん草だけで賄うことは難しいかもしれません。しかし、ほうれん草もかぼちゃもそれほど普段から摂取し易い食材なので、食べやすい食材で補える栄養はとても食事でしっかりと補給し、それでも不足してしまう場合はサプリメントでまかなうようにすると良いのではないでしょうか。http://www.god-blog.nl/